2011年 06月 06日
第8回犬山踊芸祭:その3

『犬山踊芸祭』の様子、第三弾!

今回は、岐阜聖徳学園大学 柳の二日目メインステージでの審査対象演舞の様子を。




まず、待機中のメンバーに、私設応援団からの激励が。^^
c0187584_21295246.jpg








そして、いよいよ審査演舞開始!
c0187584_2130139.jpg
c0187584_21305168.jpg
c0187584_2131278.jpg
c0187584_21311136.jpg
c0187584_21312151.jpg
c0187584_21343491.jpg
c0187584_21344290.jpg
c0187584_21345318.jpg
c0187584_213513.jpg
c0187584_2135937.jpg
c0187584_21352090.jpg
c0187584_21353036.jpg
c0187584_21354423.jpg
c0187584_21355230.jpg
c0187584_21361884.jpg
c0187584_21363269.jpg
c0187584_21364392.jpg
c0187584_21365445.jpg
c0187584_21376100.jpg
c0187584_21373847.jpg





そして、審査の結果・・・

























ファイナル進出っ!!!



c0187584_21452231.jpg
c0187584_21453616.jpg
c0187584_21455190.jpg


私が柳を追い掛けだしてからは、昨年のがんこ祭り以来2度目。
見事、ファイナルステージで演舞する権利を得ました!



で、実はファイナルステージでの演舞はほんの数ショット撮影しただけでして。(^^;ゞ
準専属記録係としては失格なのかもしれませんが、ひとりのファンとしてレンズを通さずこの目でしっかりと観ておきたく・・・。
ほとんどカメラを構えるコトなく、一年生たちと一緒にステージサイド遠目から見守るわがままを選択させてもらいました。<(_ _)>









c0187584_2155020.jpg







c0187584_2155828.jpg







c0187584_21551683.jpg








ファイナルステージの結果は、準大賞受賞
大賞には一歩及ばなかったものの、
チームとして感じていた手ごたえを裏付けてあまりある評価をいただきました♪



お祭りに参加するコトに対し、本来は審査とか順位とかはそぐわないのかもしれません。
評価基準がヒトの感受性や審美眼に頼る以上、
審査員の好みに左右される部分も少なからずあるでしょうし。
ファイナル進出に固執するがゆえに、他チームの粗探しをしたり、
審査結果に不平不満を表す個人・チームもゼロではない現状もあります。


ですが。
ファイナルを目指すコトでチームとしてのモチベーションが上がり、
作品の完成度も増していくのも確か。


お祭りを楽しんだその末に、最高のステージでもう一回踊りたい!
一回でも多く、思い入れのある作品をお客さんに披露する機会が欲しい!
そして一秒でも長く、仲間と一緒に過ごしていたい!笑っていたい!弾けていたい!


やみくもに、呪文のようにただファイナル進出を唱えるのではなく。
そんな気持ち・想いを根底に持ちながら。
日々の練習も、そして小さなイベントも大切にしながら。


踊るコトで報酬を得るプロであれば、その都度結果を出さなくてはいけないでしょう。
だけど、アマチュアなんですもの、プロセスを大事にして欲しいなぁーと感じている次第。

と同時に、例え一年生だろうと病み上がりだろうと新曲で練習不足であろうと、
一般のお客さんには関係の無い話。
いざ舞台に立ってしまえば、魅せる責任があると言う意味ではプロなのだと自覚して、
その時その時の最高の作品を披露できるよう、心掛けてもらえれば。^^

“プロ意識を持ったアマチュア”

大好きなチームの面々が喜ぶ顔、涙する姿を見て、
そんなチーム・そんな踊り子でいて欲しいなぁーと、あらためて感じた次第でありました。^^




第8回犬山踊芸祭 準大賞受賞、おめでとうっ!!





そして、目指せ!

どまつりファイナルでの九代目振り納め!!!




c0187584_22502887.jpg




・・・以上、オジサンのしみじみ感を漂わせながら、今回はここまで。
以下次回!^^



※エキサイトブログの仕様?のせいなのでしょうか、
各画像をクリックして別窓で表示した方が、若干ピントがシャープになります。^^;

※掲載した写真に問題があったり、その他要望等がございましたら、
お手数ですがブログへのコメントとして書き込んでいただくか、
kimama9841★yahoo.co.jp(★を@に変えてください。)までメールでお知らせください。
また、チームにより撮影枚数に差異があったり、
一部の踊り子さんしか撮影できていない事が多々あります。
その点もあわせてご了承いただければと思います。_(._.)_


by higeoyag2 | 2011-06-06 21:44 | イベント・祭り | Comments(2)
Commented by Pikatto08 at 2011-06-08 21:51
おっと、こっちを先にコメントせねば行けませんでしたね(^^ゞ

遅ればせながら、犬山踊芸祭準大賞おめでとうございます。
1年間練り込んだ2チームを相手に新作での準大賞は見事ですね!
今後の活躍が非常に楽しみです♪
また、依頼された準専属みたいなカメラマン役、残念ながらゴミ箱行きが
大勢を占めてしまい面目ない気持ちです(^^ゞ
Commented by higeoyag2 at 2011-06-09 18:37
>>光°さん

柳の新曲、【賑(にぎわい)】って作品なんですが、
曲中盤の明るくポップな展開の部分などは総踊り的テイストも感じられ、
私的には一緒に踊りたくなるような気分になりました。^^
その辺りの曲調・歌詞・振り付け・そして笑顔が、
震災による直接的な被害はなかったとは言えど、どこかしら元気を無くしている我々の心に響いたのかもしれませんね。^^
(注:賑自体は昨年秋から構想を練り温めながら作っていますので、曲のコンセプトに震災の有無は関係ありません。)

ファイナルでは私の急なお願いを快く受けていただき、とても感謝しております!(^^ゞ
ブログにUPしてくださった写真、ピンボケはそれほど気になりませんでしたよ?
何よりも“繋がりあう笑顔”をたくさん撮っていただいたので、柳のメンバーも喜んでいると思います。^^
この夏は私があまり観に行けないですし、これに懲りず、またイベントでファインダー越しに柳を見守っていただけたら幸いです♪


<< 第8回犬山踊芸祭:その4      第8回犬山踊芸祭:その2 >>