<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2009年 03月 31日
『活きごはん』再び♪

金曜日にゆうさんちにお邪魔したあと、その晩は名古屋近郊にある妻の実家へ。
翌土曜日は天気も回復したので、家族で大須まで遊びに行ってきました。

まずは大須観音にて、ささやかなお賽銭で“家内安全”と“景気回復”を祈願。(^^ゞ
c0187584_10222876.jpg

c0187584_1023025.jpg


ちょうどこの日、大須観音では骨董市が開催されていましたが、
その様子はまた後日UPさせていただくとして…。

今回大須に来た最大の目的は、2月6日のエントリーでも紹介した、
『活きごはん食堂 大盛』でお昼ごはんを食べることっ♪
c0187584_1056654.jpg

数ある魅力的なメニューの中から、妻と長女は“味噌カツ”を選択~。^^
c0187584_11151543.jpg

私は、“チキンカツ(カレーソースがけ)”&“あさりの味噌汁(白)”♪
c0187584_11185787.jpg

そして、前回訪問時はオーダーを躊躇した…

マンガ盛りっ!!(350円)
c0187584_11384174.jpg

さすが、普通のお茶碗なら7杯分相当のご飯は大迫力!(〇o〇;) !!
前回のエントリーでは、
「マンガ盛りは一人じゃ無理っぽいので、その時は長女を連れてってシェアして食べるつもりで~す。」
…と言っておりましたが、マンガ盛りは基本的にシェアNGとの事でして…^_^;;;
お父さんは頑張りましたぁ~っ!\( ̄゜ ̄)/げふぅ
c0187584_114968.jpg

えっと、マンガ盛りは万一残してしまっても、残った分をオムスビにしてもらって持ち帰りが可能です。^o^;
なので、興味はあるけど食が細いって方やダイエット中って方でも、安心して注文できますよ。(笑)
味噌カツにチキンカツ、アサリの味噌汁や次女用に注文した塩鯖も、家族全員大変美味くいただけました♪

前回エントリーでもご案内しましたが、
食堂としては日曜が定休日となっていますが、午後からお店の前でおにぎりを販売されてるそうです。
注文を受けてからその場で握るとのことですので、私もまた日曜にも訪れてみようと思っていま~す。^^

by higeoyag2 | 2009-03-31 12:19 | | Comments(6)
2009年 03月 28日
一年ぶりに♪

昨日は有休を取って、約一年ぶりに滋賀県は琵琶湖近くでラブラドール三頭と暮らす、ゆうさんに会いに行ってきました。^^
雨が降ったり止んだりの天気で、犬たちとの外遊びは叶いませんでしたが、
妻や娘たちはゆうさんをお手伝いしながら(邪魔しながら?笑)、
ピザやスコーンを作って楽しいひとときを過ごさせていただきました♪
c0187584_1974474.jpg

c0187584_198383.jpg

c0187584_19917.jpg

久しぶりの再会のせい?か、大興奮で迎えてくれた犬たちに最初は腰が引けてしまった娘たちでしたが、
犬たちが落ち着きを取り戻すとともに、以前通りのふれあいができるようになって一安心。^o^;
c0187584_1994642.jpg

c0187584_19125096.jpg

c0187584_19131526.jpg

ゆうさん、今回もゆったりまったりの時間を過ごさせていただき、どうもありがとうございました!
夏、みんなでまた琵琶湖で遊ぶのを楽しみにしてますね~♪

by higeoyag2 | 2009-03-28 21:28 | 旅行 | Comments(6)
2009年 03月 26日
HDRの在庫。

最近いろいろとバタついておりまして、更新が滞りがちです。
なので、HDR&トーンマッピングしてあった在庫で、ちょっとお茶を濁してみたり~。^^;

すべてお正月の伊勢旅行でのスナップからです。
一部(かなりか?^^;)ダブり画像がありますが、仕上げ違いって事でお許しを~。(^^ゞ
1:
c0187584_2325749.jpg

2:
c0187584_233243.jpg

3:
c0187584_2335361.jpg

4:
c0187584_2343290.jpg

5:
c0187584_2381891.jpg

6:
c0187584_23850100.jpg

7:
c0187584_2310837.jpg

8:
c0187584_23153357.jpg


Momo

by higeoyaG2 | 2009-03-26 23:23 | | Comments(0)
2009年 03月 18日
おかげさまで。(^^ゞ

昨日、長女が幼稚園を無事卒園しました。
c0187584_10145576.jpg

c0187584_10195569.jpg


More

by higeoyag2 | 2009-03-18 10:27 | 子供たち | Comments(18)
2009年 03月 09日
緋連雀&黄連雀。(その2)

昨日に続き、緋連雀&黄連雀を。^^

1:
c0187584_18195299.jpg

2:
c0187584_18204620.jpg

3:
c0187584_18322855.jpg

4:
c0187584_18361117.jpg

5:
c0187584_18453313.jpg

6:
c0187584_1914478.jpg

7:
c0187584_1992597.jpg


…もう一回あるかも~。(^^ゞ

by higeoyag2 | 2009-03-09 19:18 | | Comments(12)
2009年 03月 08日
緋連雀&黄連雀。

例年、春3月の声を聞く頃になると、ヤドリギの付いた木に群れで姿を現す【ヒレンジャク】&【キレンジャク】。
秘密戦隊ファン(笑)であるpm-3さんのレンジャク御一行様♪⑤ &光°さんの連雀祭り♪にTBです。^^

1:
c0187584_10562078.jpg

2:
c0187584_10574948.jpg

3:
c0187584_10595486.jpg

4:
c0187584_112422.jpg

5:
c0187584_11112644.jpg

たぶん、次回に続きます。(^^ゞ

※今回アップしたモノは、すべて原版の80~90%にトリミングしたうえでリサイズしてあります。

by higeoyag2 | 2009-03-08 11:16 | | Comments(6)
2009年 03月 06日
藤前干潟。(その2)

前エントリー(藤前干潟)の続きです。
藤前干潟は伊勢湾奥部の、日光川・新川・庄内川が集まる河口部にあります。
名古屋港の最奥部分の一角でもあるので、周辺は複数の業種が集まる臨海工業地帯となっています。
前エントリーでは新川右岸側(藤前地区)から見た様子をお伝えしましたが、
今回は庄内川左岸側(稲永地区)から見た様子をお伝えしたいと思います。^^

1:庄内川左岸側(稲永地区)から見た干潟。
(前エントリーは、画面右上に見える工場前からの撮影でした。)
c0187584_3583793.jpg

2:庄内川左岸側は、スポーツセンターや各種施設を併設した都市公園が隣接しています。
c0187584_40527.jpg

3:鳥たちと触れ合いながらの散策を楽しむ人たちの姿も多いです。^^
c0187584_421176.jpg

4:
c0187584_47278.jpg

5:こちらの建物は、公園内にある『名古屋市野鳥観察館』。
c0187584_445493.jpg

6:館内にはフィールドスコープが設置されていて、自由に覗くことができます。
c0187584_4114997.jpg

7:もうひとつ公園内にあるのが、『ラムサール条約湿地藤前干潟 稲永ビジターセンター』。
c0187584_4125960.jpg

8:『藤前活動センター』同様、ラムサール条約登録後に環境省が建てた施設です。
藤前干潟を含む周辺の環境保全や適正な利用のための、情報発信・啓蒙活動を行っています。
c0187584_4155852.jpg

9:
c0187584_4163994.jpg

10:
c0187584_4175199.jpg

11:オナガガモ。
c0187584_4192551.jpg

12:
c0187584_424620.jpg

13:
c0187584_4215843.jpg

14:マガモ。
c0187584_4244587.jpg

15:カワウ&カモメたち。
c0187584_4261643.jpg

16:
c0187584_4293772.jpg


また今度、シギやチドリが渡来するシーズンに再訪してみるつもりです。^^

by higeoyag2 | 2009-03-06 04:32 | | Comments(6)
2009年 03月 05日
藤前干潟。(その1)

一時はゴミ埋め立て処分場化の危機に晒された干潟。
幸い、市民を中心とした専門家を巻き込んでの15年に及ぶ地道な保存運動が実り、
処分場計画は白紙撤回され、2002年にめでたくラムサール条約登録湿地となりました。
しかし、水質悪化などによる底性生物の減少に伴い、渡り鳥の飛来数が減少してきている現状は決して楽観はできず、
干潟はいまなお多くの問題を抱えています。
「干潟を、鳥たちを守ろう!」と言うたくさんの人々の想いや行動に支えられて、
四季を通して渡り鳥たちに憩いの場を提供し続けている干潟の様子を覗いてきました。^^

1:藤前(新川右岸河口部)地区から見た干潟。
c0187584_3394430.jpg

2:ラムサール条約登録後、環境省が藤前地区に建てた『藤前活動センター』。
c0187584_3471879.jpg

3:新川河口に集うカモたち。先頭&最奥はそれぞれスズガモのオス&メス。
最後尾はキンクロハジロのオスで、中央&手前は同メス。
c0187584_3522910.jpg

4:キンクロハジロ、漢字で書くと『金黒羽白』。そのまんまですね。(笑)
スズガモに似ていますが、後頭部の冠羽で識別は簡単。^^
c0187584_35715100.jpg

5:カルガモ&ハシボソガラス。
c0187584_42589.jpg


More

by higeoyag2 | 2009-03-05 04:31 | | Comments(6)
2009年 03月 03日
半田編のおまけ。

さてさて、二週連続で半田を訪れたわけですが…
家族で【赤レンガ建物】を見学したあと、車で半田市内を移動していると、
c0187584_1032688.jpg

トミーの醤油?トミー坊や?…この六角形は…キッコートミ!
前々回のエントリーで、味わいある佇まいの工場を紹介させてもらったキッコートミ。
偶然、黒塀に掛かるホーロー看板を発見!
なので、近くを回ってみると…小売店も発見!^^
c0187584_10484690.jpg

自宅最寄りのスーパーではキッコートミ製品は見つけられなかったので、早速物色に。^^
c0187584_10502371.jpg

ズラリ並んだキッコートミブランドの醤油・みりんの数々!
ミツカンや他ブランドの製品もありましたが、ここではキッコートミが一番幅を利かせている様子。^^
c0187584_10561928.jpg

せっかくなので、半田土産のつもりで“三年もの 醤油の王様”(1リットル710円!^^;)ってのを買って帰ってきました。^^
早速夕食時に使ってみましたが、ほのかな甘みを持った上品な味~。
どちらかと言うと普段使いの醤油が辛めなので、この先いろいろ使い分けが楽しめそうです♪

もうひとつの半田土産。

by higeoyag2 | 2009-03-03 11:21 | | Comments(2)
2009年 03月 01日
赤レンガ再び。

先週日曜日のエントリーでも触れましたが、
【半田赤レンガ建物】が一般公開されるとの事でしたので、昨日家族で行ってきました。^^
c0187584_18513144.jpg

敷地はぐるりとフェンスで囲われ、フェンスの門も普段は閉ざされているのですが、
保存会を始めとした地元ボランティアの皆さんの尽力で、年に3回ほど一般公開されています。
c0187584_1852179.jpg

公開日には、一階部分だけではあるものの建物内部にも入ることができます。
c0187584_18531556.jpg

建物そのものとカブトビールの歴史について、パネル展示で丁寧に説明されていました。
c0187584_190029.jpg

壁は内部に2重~5重の複壁を持つ中空構造、床(天井)は多重アーチ床と呼ばれる構造を有し、
室全体を外気から断熱させると言う、特徴的な造りとなっています。
c0187584_1983282.jpg

c0187584_1985067.jpg

桃の節句が近いせいか、ステンドグラス製の雛人形が陳列・展示されたコーナーもありました。
c0187584_18542032.jpg

なぜかイルミの壁があったり。^^;
c0187584_19192544.jpg

その他、復刻されたカブトビールを愉しむことができるビアホールや、
c0187584_1946552.jpg

保存会によるグッズ販売&協賛店舗(パン屋さん。美味しかったっす!)のブースも。^^
c0187584_19435531.jpg

内部の構造も興味深いモノがありましたが、写真を趣味とする者としては、
やはり建物に近づいて撮影できるのが嬉しかったです♪
c0187584_2034256.jpg

c0187584_20143630.jpg

c0187584_20415186.jpg

子供たちも肌で歴史を感じてくれたようでした。(笑)
c0187584_20463531.jpg


by higeoyag2 | 2009-03-01 20:50 | | Comments(12)