2009年 03月 05日
藤前干潟。(その1)

一時はゴミ埋め立て処分場化の危機に晒された干潟。
幸い、市民を中心とした専門家を巻き込んでの15年に及ぶ地道な保存運動が実り、
処分場計画は白紙撤回され、2002年にめでたくラムサール条約登録湿地となりました。
しかし、水質悪化などによる底性生物の減少に伴い、渡り鳥の飛来数が減少してきている現状は決して楽観はできず、
干潟はいまなお多くの問題を抱えています。
「干潟を、鳥たちを守ろう!」と言うたくさんの人々の想いや行動に支えられて、
四季を通して渡り鳥たちに憩いの場を提供し続けている干潟の様子を覗いてきました。^^

1:藤前(新川右岸河口部)地区から見た干潟。
c0187584_3394430.jpg

2:ラムサール条約登録後、環境省が藤前地区に建てた『藤前活動センター』。
c0187584_3471879.jpg

3:新川河口に集うカモたち。先頭&最奥はそれぞれスズガモのオス&メス。
最後尾はキンクロハジロのオスで、中央&手前は同メス。
c0187584_3522910.jpg

4:キンクロハジロ、漢字で書くと『金黒羽白』。そのまんまですね。(笑)
スズガモに似ていますが、後頭部の冠羽で識別は簡単。^^
c0187584_35715100.jpg

5:カルガモ&ハシボソガラス。
c0187584_42589.jpg




キンクロハジロの助走。
(オリジナルの1/4にあたるサイズにトリミング後、リサイズしてあります。)
c0187584_401564.jpg

c0187584_403464.jpg

c0187584_405689.jpg

c0187584_422256.jpg

c0187584_422520.jpg


by higeoyag2 | 2009-03-05 04:31 | | Comments(6)
Commented by pm-3 at 2009-03-05 19:13
こんばんは~。
ココがかの有名なラムサール条約に登録された藤前干潟なんですね^^
いろんな渡り鳥の楽園と聞き及んでおりますが、水質の悪化とか問題が多々あるんですね。

キンクロハジロの助走・・・お見事です^^
水の上をよく走れますよね。(笑)
Commented by cazrow at 2009-03-05 19:44 x
先日はありがとうございます!

でましたね干潟w
キングロハジロの助走すごい!2枚目が好きです。
Commented by jaca-randa at 2009-03-05 20:56
鴨さんたち、几帳面に並んで泳ぐんですね~。

キンクロハジロの助走、すごぉ~~い!!
思わず、「がんばれぇ~~!!」と声援を送ってしまいました(^_-)-☆
Commented by higeoyag2 at 2009-03-06 03:25
pm-3さん、
私も今回初めて訪問してみて、ラムサール条約登録めでたしめでたし~♪
…で全てが解決したわけではない事を知りました。^^;
水質(と言うより貧酸素の方が問題らしい)の悪化で、
鳥たちの餌になる甲殻類や多毛類の生息数が減り、
結果として、近年渡り鳥の渡来数が減少してきているとの事。
4月になれば、カモたちと入れ替わるようにしてシギやチドリが旅の途中に立ち寄ってくれるらしいので、
また潮がよく引く日を選んで再訪してみるつもりです。^^
Commented by higeoyag2 at 2009-03-06 03:31
cazrowさん、

>でましたね干潟w

はい、潮が引けば干潟が現れるんですよ~。(笑)
キンクロハジロ、この時ちょうどモーターボートが接近中でして、
「これは飛び立ちそうな予感…」って予測できてたので、うまく追いかけることができました。^^v
Commented by higeoyag2 at 2009-03-06 03:56
ジャカさん、
この時は潮が引ききるまでにはまだ時間があったせいか、
カモたちは川の流れを遡りつつ餌を探してる様子でした。

助走、翼のはばたきだけではなく、足の蹴りもちゃんと推進力になってると思えるほど、足の運びが印象的でした。(笑)


<< 藤前干潟。(その2)      半田編のおまけ。 >>