2013年 04月 04日
岐阜聖徳学園大学 柳@第13回浜松がんこ祭り(浜よさ):Part5

今回は柳の演舞(鰻々会場@二日目)を。^^


※横画像はクリックすると別窓で大きく表示されます。
 縦画像はサイズは変わりませんが、別窓表示の方がピントがシャープになります。





c0187584_24955100.jpg


c0187584_250329.jpg


c0187584_250994.jpg


c0187584_2501666.jpg


c0187584_2502891.jpg


c0187584_2503678.jpg


c0187584_250425.jpg


c0187584_2504939.jpg


c0187584_2505754.jpg


c0187584_251314.jpg


c0187584_2511287.jpg


c0187584_2511995.jpg


c0187584_2512788.jpg


c0187584_2513345.jpg


c0187584_2515485.jpg


c0187584_252170.jpg


c0187584_252749.jpg


c0187584_2521488.jpg


c0187584_2522023.jpg


c0187584_2523570.jpg


c0187584_2524210.jpg


c0187584_2525098.jpg


c0187584_2525714.jpg


c0187584_253454.jpg


c0187584_2531392.jpg


c0187584_2532115.jpg


c0187584_2533564.jpg


柳のTT的にはまだもうひと演舞あったんですが、よりによって会場が東街区ロータリー。(>_<)
他に観に行く予定のチームの会場と時間を考えると、東街区まで行くのはリスクが大きく・・・。
ファイナル進出となればもう一度メイン会場で観られたのですが、残念ながらそれも叶わず。
オジサンにとっての永流の見納めはこの鰻々会場での演舞となった次第でありました。

今までの作品と比べて曲が短くなったコトと、振り付け的に背中を向ける(下を向く)場面が多くなったコトで、
残せた写真の枚数的には鵜輝夜や賑よりも少ないと実感しています。
しかし、柳の初のどまつりファイナル進出作品であり、進出の報に触れた歓喜の場に居合わせられたコトも含めて、とてもとても思い出深い作品です。

十一代目が次作品をどんな路線で魅せてくれるのか楽しみにしつつ、
十代目の残した栄誉にあらためて拍手を送りたいと思います。^^

・・・以上、今回はここまで。
次回最終回!^^

by higeoyaG2 | 2013-04-04 00:00 | イベント・祭り | Comments(6)
Commented by つかさ at 2013-04-05 14:27 x
最後のお祭りまで見届けていただきありがとうございました。
演舞を重ねれば重ねるほど
今更ではありますが、だんだん名残り惜しくなりました。
最後の会場では自分たちで考えた歌詞を噛み締めて心にグッときてしまいました(*'ー'*)

溢れ出す
ありがとう
笑顔で。心は繋がる。

自分たちのために踊る訳ではありませんが
最後のお祭りで自分たちが名残惜しくなってしまうような作品になるように頑張りたいです( *`ω´)

一枚目のとみしんの表情。たまらないっす。
Commented by のりひろ at 2013-04-05 20:48 x
いつもありがとうございます!
演舞をしているとなかなか仲間の表情はみえないもので
G2さんの写真をみることでお客さんに笑顔を届けられているということが確認できます
これからも頑張っていきます(^^)

これからもよろしくお願いします!
Commented by とみしん at 2013-04-06 08:37 x
いつもありがとうございます^_^
柳代表のパッションです!

ファイナル進出は叶いませんでしたが、結果発表後にG2さんがお話ししてくださった事を噛み締めることで、柳というチームの今がどういう見方をされているのかがなんとなくわかってきました!
G2さんに僕らのファイナルの写真を撮って欲しかったというのが本音ですが(笑)、永流の振り納めは大団円だと思っています!


いよいよ次は僕らの番ですよ!
11代目柳は新たな柳を作るために思考錯誤なうです!

最後までお付き合いしていただきたいです^ ^

僕らも頑張ります、だからG2さんも頑張ってください!
Commented by higeoyaG2 at 2013-04-06 09:30
>>つかささん

「一回一回の演舞を大切に!」
「浜よさは毎年あるけど、このメンバーで踊る浜よさは今日だけなんだ!」
・・・等々、常日頃から自分に、そして仲間に発破をかけるコトもよくあるだろうけれど、
節目を目前にしての感慨や昂ぶりは、やはり特別なモノがあるんだろうね。^^

この日のメインステージでの演舞時、オジサンもカメラ置いて一緒に口ずさんでたから、写真が少なかったりするのだけど、
その分「観た!」って実感は強く残ったし、その満足感故にラストの東街区に観に行かない選択もできたと言うか。(^^;ゞ

十一代目も長期スパン的に見ると、作品の仕上がりもモチベーションも右肩上がりで推移して行くのでしょう。
だけど、祭りごとや演舞ごとのモチベーションや取り組み姿勢に差が出ているコトを、
観に来てくれたお客さんに感じさせてはいけないよね?とも思うオジサンなのです。
お客さんに「この一回しか観に来れないのにさぁ、なんか流して踊ってたよねー」なんて印象を抱かれるコトの無いよう。
強いて言えば、「この前よりイイ!」の積み重ねが出来るよう。^^
期待してるよー♪
Commented by higeoyaG2 at 2013-04-06 09:54
>>のりひろさん

コメントありがとう!

レンズを向けるからにはなるべくたくさんの表情を切り取りたいと思ってます。(^^ゞ

ただ、誤解を恐れずに言えば、君らの記録を残すために祭りに出掛けている訳ではないのです。
一ファンとしての応援の気持ちが写真ってカタチで残るって感じかな?^^

この一年でノリが感じたコト・学んだコトはたくさんあるだろうけど、
新しく入ってくる一年生にも濃密な時間を是非体験させてあげて欲しいなと思います。
頑張れ、二年生!^^/
Commented by higeoyaG2 at 2013-04-06 10:37
>>とみしんさん

>結果発表後にG2さんがお話ししてくださった事を噛み締めることで・・・

何か話したっけ?^^;
オジサンは他チームの踊り子さんからの感想を伝えただけ。^^

演舞を観てどう感じるかはヒトそれぞれで、その辺りが演じる側の面白味でもあり難しさでもあるのかなと。
万人受けする路線を模索するのか、やりたいコトを突き詰めて尖がるのか?
はたまたオジサンの安易な想像を超えるモノを見せてもらえるのか?
十一代目がどうゆう方向に舵を切り、何を体現してくれるのか楽しみです。^^

犬山での初披露まで2ヶ月を切りました。
そして十一代目引退の日まで、あと141日!
踊るために大学に入ったわけではないと思うけどw
とりあえず夏の終わりまでは踊り狂ってみようか?^^


<< 凰@第13回浜松がんこ祭り(浜...      凰@第13回浜松がんこ祭り(浜... >>